ビジネス英語アプリおすすめ10選!選び方や活用のコツも解説【無料あり】

【ビジネス英語をアプリで学習】無料・有料おすすめビジネス英語アプリ10選!選び方や活用のコツも解説

ビジネス英語は専門用語や丁寧語を使うので習得には勉強が必要です。ビジネス英語を学習する方法のひとつとして、アプリで勉強できるのをご存知でしょうか?本記事では、ビジネス英語アプリで学習するメリット・デメリットやおすすめアプリなどを詳しくご紹介します。

ビジネス英語をアプリで学習するメリット・デメリット

ビジネス英語をアプリで学習するメリット・デメリット

ビジネス英語を学ぶ方法には、アプリ以外に英会話スクールやオンラインレッスンなどもあります。それぞれに特徴がありますが、アプリならではのメリットやデメリットはあるのでしょうか?

ビジネス英語をアプリで学習するメリット

ビジネス英語をアプリで学習するメリットは以下の3つです。

隙間時間を活用していつでもどこでも勉強できる

ビジネス英語アプリは、スマホやタブレットでダウンロードして利用することができます。スマホやタブレットは常に持ち歩くことが多いので、いつでもどこでも勉強できるのがアプリのメリットです

仕事をしながらビジネス英語を学びたい方にとっては、通勤時間や取引先の移動時間、休憩時間など隙間時間を活用しながら勉強を進められるのは嬉しいですね。

コストをかけずに勉強を始められる

ビジネス英語アプリには、無料アプリと有料アプリがあります。有料といっても月額数百円~数千円のものが多く、テキストを一から揃えたり、英会話スクールに通ったりするよりはコストを抑えられます。

ビジネス英語を学び始めたいと思ってはいるものの費用をあまりかけられないという方でも、気軽に勉強を始められるのが強みです

ゲーム感覚で取り組めるものもあり続けやすい

英語アプリの中には、ゲーム感覚で取り組めるアプリもあります。気軽に取り組むことができるので、難易度の高いビジネス英語でも楽しく学べるでしょう。

短時間で取り組みやすいので、隙間時間での勉強にも相性が良いです。まずは楽しめるアプリから始め、徐々にレベルを上げていくのも良いでしょう。

ビジネス英語をアプリで学習するデメリット

アプリならではのメリットがある一方で、気を付けたいデメリットもあります。以下のデメリット3つをしっかりおさえておきましょう。

わからないところを質問できない

アプリは気軽に勉強を始められるツールですが、基本的には独学で勉強することになります。周りの人に聞くことはできるものの、スクールや英会話サービスの専門的な講師に比べると質は落ちるでしょう。

英会話スクールやオンライン英会話などは、わからないところを講師に質問できますが、アプリでは疑問や悩みがあっても自己解決しなくてはいけません

アウトプットが不足しがち

アプリでの英語勉強は、単語や文法の暗記や問題の演習などインプットが中心になります。実際にビジネス英語を使うときというのは、取引先や職場などのビジネスシーンなどですので、アウトプットによってスキルを磨くことが大切です。

アプリだけではアウトプットが不足しやすいので、アプリでの勉強の他に、アウトプットトレーニングをする機会を作りましょう

内容に慣れてしまうと効果が薄れる

アプリは、テキストやスクールに比べると学習内容が固定されがちです。隙間時間に繰り返し勉強することも多く、内容に慣れてしまうことがあります。答えがわかった状態や問題の傾向がわかっている状態での勉強になると、勉強の効果が薄くなってしまいます。

一通り学び終えたら、自分のレベルに合った新しいアプリをダウンロードするなど、慣れが出ないように勉強の仕方を工夫しましょう

自分に合ったビジネス英語アプリを選ぶポイント

自分に合ったビジネス英語アプリを選ぶポイント

アプリでビジネス英語を効果的に学ぶためには、アプリ選びが大切です。自分のレベルや学びたい内容に合っていないと、勉強の成果を実感できないでしょう。

ご紹介する3つのポイントをおさえて、自分に合ったビジネス英語アプリを選んでみてくださいね。

目標・レベルに合ったアプリを選ぶ

アプリを評判や知名度だけで選んでしまうと、自分のレベルと合わずに、スムーズに英語学習を進められないこともあり得ます。

アプリによってレベルが異なるので、目標やレベルに合ったアプリを選ぶことが大切です。初めてビジネス英語を学ぶならば、まず英語の基礎を身に付ける必要があり、基礎を学べる初心者向けアプリが向いています。

目標としては、「英語でビジネスメールを打てるようになる」「英語で商談できるようになる」「外国人スタッフを交えて英語でミーティングを行う」などがあるでしょう。

目標に合ったアプリを選ぶことによって、最適な内容を学べるだけでなく、モチベーションを維持しながら取り組むことができます

学習内容に合ったアプリのタイプ・種類を選ぶ

英語アプリには、英語を全般的に学べる総合タイプをはじめとして、カテゴリに特化したアプリがあります。アプリのタイプを間違えてしまうと、学びたい内容が含まれておらず、上手く勉強を進められません。

英単語や英文法、スピーキング、リーディングなど、学びたい内容に合わせてアプリの種類を選びましょう

まず使ってみて相性を確かめるのもおすすめ

英語アプリをリサーチすることも大切ですが、情報だけではどのようなアプリかわからないこともあります。無料アプリであれば、ダウンロードした後で相性が合わなくてもお金がかからないので、お試しで利用してみるのもおすすめです

有料アプリでも、無料体験期間を設けている場合があります。体験してみて継続して利用するかを検討してみましょう。

コストをおさえて英語学習!無料おすすめビジネス英語アプリ

コストをおさえて英語学習!無料おすすめビジネス英語アプリ

ここでは、無料で使えるおすすめビジネス英語アプリを5つご紹介します。

お金をかけずにダウンロードできるので、コストをおさえて勉強を始めたい、とりあえずお試ししたい方などにおすすめです。

【語彙力アップ】英単語アプリmikan

mikan 英単語アプリ

・画像引用:App Store

『英単語アプリmikan』は、みかんのキャラクター「ひとかわむけお」が可愛らしい英単語アプリです。大学受験、TOEIC、TOEFL、GREなど豊富なコースで英単語を学ぶことができ、無料ながら15,000単語を収録しています。

30秒で10単語を学習するシステムになっているので、通勤中などの隙間時間の勉強に最適です。ネイティブの発音を聞ける機能や成否・回答時間を記録した学習記録など、学習を充実させてくれる機能が揃っています。

iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

【ビジネス英会話を習得】OKpanda英会話

OKpanda英会話、アプリ

・画像引用:App Store

『OKpanda英会話』は、700種類以上のオリジナルレッスンを収録した英会話アプリです。6段階の習熟度がレッスンに設定されているので、目標・レベルに合ったレッスンを選べるのが特徴です。

アプリでの英語学習はサポートが不足しがちですが、『OKpanda英会話』にはフィードバックサポートがあります。25分のレッスンの後に講師からコメントが届き、いつでもチャットすることもできるので、疑問を解決しながら確実に英会話力を身に付けられるでしょう

iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

【動画で英語学習】Voice Tube

VoiceTube、アプリ

・画像引用:App Store

『Voice Tube』では、1本約5分にまとめられた8000本の日英字幕付き動画で英語を学べるアプリです。動画を楽しみながらネイティブ英語を聞けるので、英語を耳に慣らすことができます。

動画視聴・リスニングだけでなく、AI発音分析や聞き取りクイズ、ポイント解説などの機能も搭載しています。AI発音分析は発音に対して採点が行われるので、発音のアウトプットトレーニングにおすすめです

iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

【リスニング力強化】NHK WORLD JAPAN

NHK-WORLD-JAPAN、アプリ

・画像引用:App Store

『NHK WORLD JAPAN』は、NHKの国際放送を視聴できるアプリです。NHKワールド JAPANが配信しているニュースや番組を英語をはじめとした17言語で視聴することができます。

6000以上の動画・音声コンテンツがあり、英語学習のために作られたものではなく、どれも実際に配信されているコンテンツです。リスニング力を強化できることはもちろん、様々なニュースや番組からビジネスにも生きる教養を身に付けられるでしょう

iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

【プレゼン対策】TED

TED、アプリ

・画像引用:App Store

『TED』では、テクノロジーや科学など幅広いジャンルに渡る「TEDトーク」を視聴することができます。2000以上のTEDトークが収録されているので、興味のあるジャンルからコンテンツを選び、言語字幕を見ながら英語を学べます。

テーマ別にカテゴリ化されたプレイリストや自分でつくるプレイリストなども利用でき、プレゼンの参考にしたいコンテンツや次に視聴したいコンテンツなどをまとめられるのも嬉しい機能です

さらに、動画や音声はダウンロードすることによってオフラインでも再生でき、いつでもどこでも視聴できるようになりますよ。

iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

アプリで本格的な英語学習!有料おすすめビジネス英語アプリ

アプリで本格的な英語学習!有料おすすめビジネス英語アプリ

有料アプリは、無料アプリに比べてより内容が充実している傾向があります。本格的な英語学習をアプリでしたい方にはぴったりです。

有料のおすすめビジネス英語アプリの特徴をそれぞれチェックしていきましょう。

スタディサプリ ENGLISH ビジネス英語コース

スタディサプリENGLISH-ビジネス英語、アプリ

・画像引用:App Store

『スタディサプリ ENGLISH』では、ビジネス英語を学べるアプリ「ビジネス英語コース」を提供しています。

レッスンはドラマ「下町ロケット」などを手がけた脚本家が作成したドラマ仕立てのレッスンになっており、打ち合わせやプレゼン、交渉などリアルなビジネスシーンを想定したレッスンが満載です

他にも、1回1分で学べるネイティブ講師の神授業やディクテーション・シャドーイングといった発話トレーニングなど、本格的なコンテンツが揃っています。

料金 月額2,980円
iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

SpeaKingBiz(スピーキングビズ)

SpeaKing-Biz、アプリ

・画像引用:SpeaKingBiz(スピーキングビズ) HP

『SpeaKingBiz(スピーキングビズ)』はスマホを使ってレッスンを受けられる英会話レッスンサービスです。ビジネスパーソン向けにスピーキングに特化した学習プログラムを使った英会話レッスンを提供しています。

基本文の作成・発話から段階的に複雑な文の発話に進んでいく「積み木メソッド」や10000回以上の発話練習量、MBAホルダーが監修した実践的なレッスンなどが主な特徴です。独自のメソッドとビジネス目線のレッスンでスピーキング力の強化に取り組めます。

料金 月額:速習コース6ヶ月14,800円、標準コース1年間19,800円、ゆっくりコース2年間29,800円
公式サイトはこちら

HiNative Trek

re HiNative-Trek-ハイネイティブ-トレック

・画像引用:HiNative Trek HP

『HiNative Trek』は、IT業界・Web業界向けのビジネス英語を学べるアプリです。内容はTech企業の英語ネイティブが監修しており、現場目線を踏まえて超実践的な表現が数多く盛り込まれています。

レッスンは、毎日届く課題に対して英作文と音声を投稿した後に、模範解答の確認、先生からの個別フィードバックを受けるという流れです。レッスンの予約は必要なく、課題は週にまとめて提出することもできるので、自分のペースで取り組みたい方や仕事で忙しい方でも安心して利用できるでしょう。

料金 月額16,333円
公式サイトはこちら

LissN

LissN、アプリ

・画像引用:LissN HP

『LissN』は日経ビジネススクールが提供するアプリです。毎朝日経がセレクトした幅広いジャンルの英語記事が5本届き、日英テキストを読みながら、記事をリスニングできます。

国際情勢や経済などに関わる記事に触れられるので、時事や教養も同時に学べるのが魅力です。

リスニングは、レベルに合わせてスピードを0.7倍、1.0倍、1.2倍、1.5倍、2.0倍まで変更できます。徐々にスピードを上げて、リスニング力の強化に取り組んでみましょう。

料金 Basicプラン月額3,000円~、Unlimitedプラン月額4,500円~
iOS版アプリの詳細はこちら

POLYGLOTS

POLYGLOTS、アプリ

・画像引用:App Store

『POLYGLOTS』は、英語学習アプリの中で、ユーザー満足度・継続しやすさ・英語が話せるようになるの3部門で2020年第1位を獲得しています。

英単語からリスニング、リーディング、文法、スピーキング、ライティングまで網羅されており、ビジネスに使える英語を総合的に学べるアプリです

AIが自動で生成する続けやすいカリキュラムや45分のオリジナルレッスンなどによって、英語学習を無理なく継続でき、インプットとアウトプットの両方にバランス良く取り組むことができます。

料金 BasicOrdinaryDay月額480円、Basic理解度チェック月額480円、Gold月額840円、MyRecipe月額1,200円、Platinum月額2,900円、Diamond月額6,500円
iOS版アプリの詳細はこちら Android版アプリの詳細はこちら

ビジネス英語アプリを有効活用するコツ

ビジネス英語アプリを有効活用するコツ

アプリでビジネス英語を習得するには、ダウンロードして終わりではなく、上手く活用することが大切です。

以下でご紹介する3つのコツを参考に、アプリを有効活用してビジネス英語の習得を目指しましょう。

基礎の習得から始める

ビジネス英語を身に付けるためには、いきなりビジネス英語を学ぶのではなく、英語の基礎から習得する必要があります。単語や文法をおさえたり、英語に耳や口を慣らしたりすることによって、ビジネス英語の習得につながっていきます。

アプリは使いやすい反面、問題への慣れなどから、実力以上に理解した気になってしまうこともあります。解説を読みこんだり、問題に繰り返し取り組んだりするなど、しっかり基礎が身に付くまで勉強しましょう

無理のない学習プランを立てて継続して活用する

いつでもどこでも使えるアプリだからといって、数日で学びきることは難しいです。無理な学習プランを立ててしまうと、知識が定着しにくくなったり、途中で挫折してしまったりするでしょう。

勉強に当てられる時間を把握した上で、無理なく続けられるスケジュールで継続して活用することが大切です

アプリに期待しすぎず教材も組み合わせる

内容が充実したアプリも数多くありますが、テキストやスクールなどに比べると、内容が物足りないこともあります。アプリに期待しすぎてしまうと、学びきれない部分が出てきたり、アウトプットが不足したりする可能性が高いです。

隙間時間にアプリ学習、まとまった時間にテキストやオンライン英会話といったように、アプリとその他の教材を組み合わせて勉強することをおすすめします

アプリを使ってビジネス英語を習得しよう

アプリを使ってビジネス英語を習得しよう

ビジネス英語はアプリでも勉強することができます。隙間時間を活用できることやコストを抑えて始められることなどがメリットにある一方で、わからないところを質問できないことやアウトプットが不足しやすくなることは気をつけたいデメリットです。

自分に合ったアプリを選ぶためには、目標・レベルや学びたい内容に合った種類を選ぶことが大切です。気になるアプリがあれば、まずはお試しで使ってみるのも良いでしょう。

アプリを活用するコツも参考にして、無料・有料ビジネス英語アプリで勉強を始めてみてくださいね。

ENGLISH MEDIA 編集部

ENGLISH MEDIA 編集部ENGLISHMEDIA(イングリッシュメディア)編集部では、英語学習や勉強に役立つおすすめの英会話スクール情報や英会話サービス、教材、アプリ、学習ノウハウなどをご紹介しています。