ビジネス英語を学べるオンライン英会話10選!自分に合った教室の選び方

ビジネス英語を学べるオンライン英会話10選!自分に合った教室の選び方

ビジネス英語には独自のルールやマナーが多く、習得するのは大変です。しかし最近では、そんなビジネス英語を手軽に学べるとして「オンライン英会話」が注目を集めています。今回は、なぜオンライン英会話がビジネス英語を学ぶのに向いているのか、教室選びのポイントやおすすめ教室まで一挙にご紹介します。

ビジネス英語を学ぶならオンライン英会話がおすすめ

ビジネス英語を学ぶならオンライン英会話がおすすめ

忙しい社会人がビジネス英語を学びたいのであれば、オンライン英会話がおすすめです。

なぜオンライン英会話がおすすめなのか、まずはその理由を見ていきましょう。

時間の制約が少ない

最大の理由は、オンライン英会話は時間の制約が少ないことです。

ビジネス英語が必要な社会人にとって、毎日決まった時間に英会話スクールへ通うのは難しいですよね。突然の残業や付き合いの飲み会など、突発的なイベントも多く予定が狂いがちです。

「ビジネス英語が必要だとわかっているけれど、ドタキャンしてしまうことを考えると、なかなか英会話スクールには通う気になれない。」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

オンライン英会話であれば、24時間365日受講可能な教室も珍しくなく、時間の制約がほとんどありません。帰宅してから数時間後の授業を予約できたり、今すぐに空いている講師を選んで受講したり、なんてこともできます。

授業の流れや料金プランも公式サイトに掲載されており、好きな時間にチェック可能です。実店舗のように、営業時間内に問い合わせる必要がありません。

忙しい社会人にとって、心強い味方となってくれますよ。

通塾型のスクールに通わなくてもビジネス英語特有のルールやマナーを学べる

オンライン英会話の強みとして、通塾型の英会話スクールに通わなくても、ビジネス英語特有のルールやマナーを間違えずに覚えられることも挙げられます。

ビジネス英語は一般的な英会話と異なり、厳守するべきルールやマナーが存在します。

たとえば謝罪ひとつをとっても、ビジネスシーンでは「I am sorry.」と簡単に謝るのではなく、「Please accept my sincere apology.(心よりお詫び申し上げます)」と丁寧にお詫びするべき場面も多いです。

ルールやマナーを守れずにいると「常識のない人」だと判断されてしまいます。独学で英語を学ぶ方も多いですが、ビジネス英語に関しては英会話スクールで学んだ方が安心だと言えるでしょう。

時間の融通が利きにくい社会人が、通塾型の英会話スクールと同様に正しいビジネス英語を学べる機会として、オンライン英会話を検討してみてはいかがでしょうか?

ビジネス英語が学べるオンライン英会話教室の選び方

ビジネス英語が学べるオンライン英会話教室の選び方

続いて、ビジネス英語を目的としてオンライン英会話教室を探す際のポイントをご紹介します。自分にぴったりの教室を探す際の参考にしてください。

ビジネス対応かどうかをチェック

まずチェックするべきは、「ビジネス英語対応を謳っているか」です。

ビジネス英語特有のルールやマナーを学ぶためには、必ずビジネス英語対応の教室を探さなければいけません。大手の教室であっても、実は日常会話にしか対応していない教室もあるので気をつけましょう。

ビジネス英語対応の教室のなかには、仕事で使う予定の資料や英文メールを添削してくれるところもあります。このような教室であれば、実務に役立てつつ効率良くビジネス英語を学べますよ。

好みの受講形式を探そう

ビジネス英語への対応を確認したあとは、受講形式についても要チェックです。

マンツーマンなのかグループ指導なのか、期間ごとに受講回数は決まっているのか無制限か、など教室ごとに形式は大きく異なります。

自分のペースで学びたいならマンツーマン、仲間とともに学んでいきたいならグループと、目的や好みにあわせて選択しましょう。

また期間による受講回数制限がない、あるいは少ない教室であれば、モチベーションの高いタイミングで一気に学習を進められるためおすすめです。

費用についても確認する

費用についても忘れずに確認しておきましょう。各オンライン英会話で、受講期間や受講回数による費用はさまざまです。自分の予算内で、できるだけ希望を満たした教室が選べると良いですね。

特にチェックしておきたいのは「1レッスンあたりの費用」です。1レッスンあたりの費用が安いほど、同じ予算でたくさん授業を受けられます。

英語は繰り返し学ぶほど記憶にも強く定着するため、より多くのレッスンを受けることが習得にも役立ちますよ。

ビジネス英語対応のオンライン英会話おすすめ10選!

ビジネス英語対応のオンライン英会話おすすめ10選!

最後に、ビジネス英語に対応したおすすめのオンライン英会話を10選ご紹介します。

いずれも忙しい社会人であってもビジネス英語が身につくよう工夫された教室ですから、ぜひ参考にしてみてください。

イングリッシュライブ(ENGLISH LIVE)

EF-English-Live-イングリッシュライブ

・画像引用:イングリッシュライブ HP

ネイティブ講師による指導に定評があるのが、『イングリッシュライブ』です。アメリカやイギリスはもちろん、オーストラリアやカナダなど英語圏の講師を多数採用しています。

提供会社であるEF Education Firstは、海外留学分野で50年以上の実績を誇る老舗です。

「正しいアクセントや発音はネイティブからこそ学べる」とする理念をもとに、常に本物の英語を生徒へ教えてきました。正しい英語が求められるビジネス英語を学ぶ教室として、ぴったりですね。

初回のレッスン前にテストを行い、実力を16段階で判定します。以後の授業は実力ランクに応じて行われるため、現在は英語力に自信がない方でも挫折せず学んでいけるでしょう。

マンツーマン・グループどちらにも対応しているため、両方の良さを取り入れられるのも魅力です。英文を添削してもらえるサービスもあり、ビジネス文書の書き方も学べますよ。

無料体験の申し込みはこちら

ビズメイツ(Bizmates)

ビズメイツ-Bizmates

・画像引用:ビズメイツ HP

「ビジネス英語を学べるオンライン英会話の王様」ともいうべき存在が、『ビズメイツ』です。

『ビズメイツ』は「ビジネス特化型オンライン英会話 No.1」を謳う教室で、英語を話すことではなく英語で仕事をすることを目指して指導しています。

ビジネスメールの書き方やプレゼンの行い方、資料作りから面接対策まで、英語を仕事に活かすために必要な技能を一通り学べるのが特徴です。ビジネス英語特有の「型」を使って、効率的に身につくよう工夫されています。

1,500人以上の講師はいずれもビジネス経験がある方のみで、ビジネス場面で本当に役立つ英語を教えてくれます。講師の採用率は1%以下で、各業界の専門家も多数在籍しているのですから驚きです。

無料体験を行った方の60%以上が有料会員へ進むほど、授業の質が高いのも注目ポイントです。1レッスン(25分)も290円と比較的安価なため、経済的な負担も最小限に抑えられます。

安価かつ効率的に、実戦で使えるビジネス英語を学べる教室として検討してみてはいかがでしょうか?

無料体験の申し込みはこちら

プログリット(PROGRIT)

プログリット-PROGRIT-

・画像引用:プログリット HP

「できるだけ短期間でビジネス英語を学びたい」という方には、こちらの『プログリット』をおすすめします。『プログリット』は、いかに効率よく英語力を伸ばすかを追求した英語コーチングスクールです。

『プログリット』の最大の特徴は、英会話の習得に必要なのは「良質な自習」だという考えのもと、いわゆる英会話のレッスンを行なわないことです。

月に90時間の学習時間を確保するべく、学習スケジュールは本人の目標をもとにプロのコンサルタントが学習プランを考案してくれます。

単語の暗記、英文の多読、英作文、シャドーイング(発音を真似て発声する練習法)を柱に学んでいきます。

もし英会話レッスンも行いたい方には、外部の英会話教室を提案してくれるサービスもあります。特別な特典もありますので、まずは無料相談からお試しください。

無料体験の申し込みはこちら

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話

・画像引用:レアジョブ英会話 HP

『レアジョブ英会話』は、「この教室でビジネス英語学習をはじめて良かったな」と思えるオンライン英会話として評判です。

2015年のMMD研究所による調査では、顧客の99.4%が「はじめて良かった」と回答しており、顧客満足度1位に輝きました。

ビジネス英会話コースでは、第2言語の取得に有効な「PCPPモデル」を取り入れた、独自教材を提供しています。

PCPPモデルとは、「Presentation(提示)」 「Comprehension(理解) 」「Practice(練習)」「 Production(産出)」の4つの過程を通して学習するモデルです。

Productionができるようになるまで修練するため、単に頭で理解するだけでなく、とっさに英語を使えるようになります。

ビジネスシーンでは、瞬間的なレスポンスが必要とされることも多いものです。『レアジョブ英会話』で、実際に使えるビジネス英語を学んでみてはいかがでしょうか。

なお丁寧なフィードバックにより、復習が進めやすいのも『レアジョブ英会話』の魅力です。自分の弱点を教えてもらえるため、挫折せず着実に改善していけますよ。

無料体験の申し込みはこちら

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー、オンライン英会話

・画像引用:ベストティーチャー HP

『ベストティーチャー』では、英会話のみならず、ビジネス英語で欠かせない「書く力」を学べます。オンラインで英作文の添削を受けられるため、ビジネスにふさわしい表現を次々と覚えることが可能です。

また特徴として、ビジネスシーンを想定したロールプレイが挙げられます。たとえば自社商品のプレゼンテーションをする、自分の部署の仕事を説明するといった、本当にありそうな場面を想定して学習できます。

本番でも学んだフレーズをそのまま役立でることができるため、使えるビジネス英語が身につきやすいですよ。「この場面はレッスン中にやったことがある」と落ち着いて対処できるのも、嬉しいですね。

無料体験の申し込みはこちら

ALUGO

ALUGO(アルーゴ)、英会話

・画像引用:ALUGO HP

パソコンよりもスマホを使って学びたい方におすすめなのが『ALUGO』です。いつでもどこでもスマホひとつで学べるオンライン英会話で、大手グローバル企業を中心に80社以上の導入実績を誇ります。

毎週、AIとカウンセラーが最適な学習プランを提案してくれるため、スムーズに学習を進められます。

また英会話レッスンのあとは、受講者が話した内容を講師が書き起こし添削してくれるので復習もしやすいのが嬉しいですね。「あの場面では、このフレーズを使うべきだったのか」と納得しながら英語が身につきますよ。

ビジネス英語が必要な社会人は、なかなかまとまった時間が取れないものです。20分程度

のすきま時間とスマホさえあればビジネス英会話が学べる『ALUGO』は、心強い味方となってくれるでしょう。

公式サイトはコチラ

産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plus

・画像引用:産経オンライン英会話Plus HP

『産経オンライン英会話Plus』は、無駄や無理なく、実践レベルのビジネス英語を学んでいける教室です。

授業の予約が直前(5分前)まで可能で、すきま時間ができたタイミングですぐ授業を受けられます。

また料金はコイン制で、万が一使い切れなかった場合は翌月に繰り越せるため、無駄になることがありません。「今月中に使い切らないと……」と無理をせず、自分のペースでビジネス英語を学んでいけますよ。

授業の質は、5段階の選考をクリアした優秀な講師のみを在籍させることで担保しています。採用率は、わずか1.2%ほどだというのですから驚きです。

授業教材には産経新聞が取り入れられており、英語版・日本語版の記事を見比べながら学習を進められます。「この単語はこう訳すとスムーズなのか」と、納得しつつ学べますよ。

もちろん、時事問題の幅広い知識も同時に身につきます。社会人としての教養を高めながらビジネス英語を学べるのは、産経ならではの強みと言えるでしょう。

契約前の無料レッスンを2回(1レッスン25分×2)受けられるのも魅力です。しっかりとイメージを把握したうえで、安心して申し込めますね。

無料体験の申し込みはこちら

DMM英会話

DMM英会話

・画像引用:DMM英会話 HP

1レッスン(25分)が163円からと、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るのが『DMM英会話』です。安価ながら授業の質もしっかり担保されており、採用率5%と難関な試験をクリアした講師のみが採用されています。

最大の特徴は、9,465種類以上と豊富な教材が無料で使い放題なことです。もちろんビジネス用の教材も多数用意されており、挨拶やプレゼンテーション、電話応対や交渉場面まで想定して学べます。

日本人からも指導を受けられるため、「こういう状況では何と言えば良いでしょうか?」と具体的なビジネスシーンの相談も可能です。

「〇〇の交渉に使いたい」など、ビジネス英語を学ぶ目的が明確な方にぴったりですね。

無料体験の申し込みはこちら

GSET

GSET

・画像引用:GSET HP

『GSET』では、ビジネスで使える世界水準の英語を指導しています。特徴は、「発声法」「音」「リズム」「英語思考」の4分野からネイティブに近づけていくことです。

たとえば英語思考では、「話したいことを日本語で思い浮かべて、そのあと英語に翻訳する」という英語初学者にありがちな思考プロセスを修正します。

マンツーマンレッスンやオンラインでの宿題で繰り返し学んでいくと、やがては話したいことがそのまま英語で思い浮かぶようになります。ここまでくれば、ビジネスでも問題なく英語が使えますね。

「ネイティブのように英語を使えるようになりたい」と考えている方は、ぜひ候補のひとつとしてご検討ください。

無料体験の申し込みはこちら

QQEnglish

QQEnglish、オンライン英会話

・画像引用:QQEnglish HP

「とことんまで講師の質にこだわりたい!」という方は、『QQEnglish』がおすすめです。

こちらの教室は、約1,300人の講師全員を正社員で雇用しています。単純な委託とは異なり、自社の信用を担う存在として厳しく指導された講師たちです。

講師たちは、全員が「TESOL」と呼ばれる国際資格を取得しています。TESOLは、「英語を母語としない人に対して英語を教える能力」についての資格です。

私たち日本人に対しても、しっかりと理解できるように英語を教えてくれますよ。

ビジネス特化のコースも用意されており、メールの書き方や電話応対の仕方など実務で必要な英語を学べます。ロールプレイも豊富ですから、「場慣れ」できるのも嬉しいですね。

無料体験の申し込みはこちら

オンライン英会話でビジネス英語をマスターしよう

オンライン英会話でビジネス英語をマスターしよう

オンライン英会話であれば、時間の制約に縛られずビジネス英語を学べます。独学と異なり誤ったルールを覚えにくいため、ビジネスで失敗するリスクも最小限です。

多くのオンライン英会話では、無料体験レッスンが受けられます。気になった教室があった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ENGLISH MEDIA 編集部

ENGLISH MEDIA 編集部ENGLISHMEDIA(イングリッシュメディア)編集部では、英語学習や勉強に役立つおすすめの英会話スクール情報や英会話サービス、教材、アプリ、学習ノウハウなどをご紹介しています。