初心者におすすめの英会話スクール11選!選ぶときの6つのポイントをチェック

初心者が英会話スクールを選ぶときの6つのポイント!おすすめスクールの紹介も

「これから英語を勉強したい」「今年こそ英語学習を挫折せずに続けたい」という人の強い味方が英会話スクール。しかし、巷にはたくさんの英会話サービスが溢れていて、何を選べば良いかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな英語学習初心者の方がスクールを選ぶ前に考えて欲しいこと、スクールを選ぶときのポイント、おすすめのスクールをご紹介します。

英語初心者が英会話スクールを選ぶ前に知っておきたいこと3つ

英語初心者が英会話スクールを選ぶ前に知っておきたいこと3つ

英会話スクール選びの前に、「どうすれば英語力が伸びるか」を紹介しておきましょう。

先に結論を言ってしまうと、「素晴らしいスクールに通いさえすれば英語力が伸びる」ということはなく、「学習者本人がどれだけ時間をかけて、適切な勉強をしてきたか」で英語力は決まります。

ここでは、英会話スクール選びに入る前に知っておいてほしい3つのことをまとめました。実際に英会話スクールにカウンセリングや無料体験に行く前に、ぜひ一度考えてみてください。

英会話スクールだけで英語は伸びない

英語力を引き上げるためには英会話スクールのレッスンだけでは不十分です

週に1回、40〜50分ほどのレッスンだけでは練習量が圧倒的に足りません。英語がわかる・話せるようになるには、レッスンで習った内容を日々復習し、実践することが不可欠なのです。

英会話スクールは「新しいアドバイスをもらう場所」「復習の方向性が間違っていないか確認する場所」として活用し、それ以外で復習の時間を確保することを考えましょう。最低でも1日1時間は英語に触れる時間として確保したいところです。

しかし、そうは言ってもいきなり無茶な学習計画を立てるのは挫折するもとです。通勤中や昼休みにぼんやりスマートフォンを眺めるのをやめて英単語を覚える、朝30分だけ英語のラジオを聞くなど、無理のない方法から取り入れることをおすすめします。

継続にはモチベーション維持が不可欠

英語学習を継続させるのは簡単ではありません。英語力は数ヶ月単位で向上するものではなく、年単位の腰を据えた勉強が必要になります

長期にわたる英語学習を頓挫させないためには、モチベーションの維持・管理が不可欠になってきます。

そのためには、「どうして英語を学びたいのか」「英語が話せるようになったらどうしたいか」「いつまでに話せるようになりたいか」といった目標を、できるだけ具体的に描くことが必要です。

最近では受講生のモチベーション管理に力を入れるスクールも多く、カウンセラーのサポートも充実しています。

勉強に割ける時間とお金をよく計算しておくべし

英会話スクールに通い続けるために必要なもの、それは「やる気、時間、お金」です。やる気は本人の気力や健康状態の問題でもありますが、お金と時間はライフスタイルに大きな影響を与える要素です。

「やる気はあるのに忙しすぎて通えない」「学習途中で貯金が尽きた」ということがないよう、自分の一週間あたりのタイムスケジュールや、英会話スクールに使える年間予算をはっきりさせておきましょう。

英会話スクールとオンライン英会話はどう違う?

英会話スクールとオンライン英会話はどう違う?

英会話スクールが実際の教室に通学する方式を取っているのに対し、オンライン英会話はインターネットを通じて自宅や旅行先など、好きな場所からレッスンを受講できます。

オンライン英会話は英会話スクールと比べると安価に受講できるほか、場所や距離の制限を受けない、多数の講師陣から指名が可能というメリットがあります。その一方、オンライン英会話は「レッスンに対するモチベーションが育ちにくい」というデメリットもあります。

「いつでもどこでも受講できる」という気持ちでずるずると受講を後回しにしてしまい、「結局受講せずに登録しているだけ」という人も多いのです。その他、オンラインだと外出する必要もないので、一緒に英語を学ぶ仲間を作りにくいこともモチベーションの低下につながっていると言えます。

オンラインと通学型スクール、どちらが合うかは人によって違いますが、「自力で続けられるか不安」という場合や、「自宅の環境がオンラインレッスンに適さない」という場合は英会話スクールに通学する方を選ぶと良いでしょう。

逆に、「自力でモチベーション管理ができる」「自宅で気軽にレッスンを受けたい」という場合はオンライン英会話がおすすめです。また、最近ではオンラインでもレッスンを行なっている通学型スクールも多いので、一度カスタマーセンターなどに問い合わせることをおすすめします。

初心者のための英会話スクール選びのポイント6つ

初心者のための英会話スクール選びのポイント6つ

ここからは、初心者が英会話スクールを選ぶ際のポイントとなる判断基準を6点解説していきます。通い続けられるスクールに出会うためには、講師や教える内容だけでなく、料金や教室の立地なども考えておく必要があります。英会話スクールを選ぶ際の参考にしてください。

料金体系はわかりやすいか

初心者以外にも言えることですが、お金の面で無理をしなければならないなら、どんなにモチベーションが高くても継続は不可能です。

英会話スクールを選ぶ際には、「月ごと・年ごとなど、定期的に必要な料金」「教材費など、臨時で必要になる料金」をしっかり把握し、自分の収入と比較して無理のないスクールを選ぶようにしましょう

英会話スクールにはカウンセラーが常駐している場合が多いので、事前に相談しておくのがおすすめです。

教え慣れた講師が揃っているか

講師側の教え方もポイントです。「流暢に英語が話せる」「学歴が優れているという」だけでなく、初心者がつまずきやすいポイントを理解している講師を選ぶようにしましょう。初心者を教えた経験が豊富な講師や、初心者が多く通うスクールはノウハウも豊富な傾向があります。

初心者向けのプラン設定はあるか

特にグループレッスンなどの場合、中級者・上級者レベルと同じクラスになってしまうと「萎縮して喋れなくなった」「周りのレベルが高すぎて何を言っているかわからない」ということがあります。教材の内容や受講生のグループ分けなど、対象を初心者に絞ったプランがあれば安心です。

初心者向けコースの場合、担当の講師も「初心者を教える」という心構えができているので、じっくり話を聞いてくれたり、何度も粘り強く発音を教えてくれたりします。

自分の目標に合ったコースが選べるか

英語を学ぶ目的に合ったコースを開講しているスクールを選ぶことも重要です。英文の構造は基本的に同じですが、例えば資格試験の突破を目標に通う人と日常会話を学びたい人では効率の良い勉強法や覚えておくべき語彙が異なることがあるからです。

たいていのスクールには事前カウンセリングの機会がありますので、自分の目標をしっかり相手に伝え、目標達成に役立つコースがあるかどうかをよく相談しましょう。

教室の立地や開校時間は自分に合っているか

英語を負担なく勉強するためにも、英会話スクールの立地やアクセスにはある程度こだわりましょう。職場や自宅など、普段利用している場所から遠い場所にあるスクールは、それだけで通学に負担がかかります。

例えば、仕事から家に帰る途中に英会話スクールに通う場合、自宅からも職場からも遠いスクールを選んでしまうと、交通費や時間を無駄にしてしまいます。週1~2回通学するとして、その分の月額交通費や所要時間をあらかじめ計算しておくと良いでしょう。

課題や復習サポートがあると尚良し

前述のとおり、本当に英語を上達させたいなら英会話スクールに通うだけでなく、レッスン以外での復習が欠かせません。しかし、初心者は「何をやったら良いかわからない」という人も多いものです。

この問題を解消するには、定期的に課題を出してくれたり、生徒が復習に使えるコンテンツや教材を提供してくれたりするスクールを選ぶのがおすすめです。もしも通いたいスクールに復習をサポートする仕組みが特にない場合は、講師に「自宅学習は何をしたら良いか」と積極的に聞いていきましょう。

初心者にもおすすめの英会話スクール11選!

初心者にもおすすめの英会話スクール11選!

ここからは、初心者にもおすすめできる英会話スクールを11種類ご紹介します。「英語を教える国際資格を持つ講師が在籍」「とにかく料金が安い」「予約の自由度が高い」など、スクールによって特色は様々です。自分の性格や目的にぴったりの英会話スクール探しの参考にしてください。

シェーン英会話

シェーン英会話

・画像引用:シェーン英会話 HP

『シェーン英会話』は、英語教授の国際指導資格を持ったネイティブ講師を採用しています。さらに、実際のレッスンを行うまでに指導コースの修了が義務づけられているという徹底ぶりです。

レッスンでは「生徒が話す時間」を最重要視しており、初心者向けの教材やカリキュラムも充実しています。レッスン内容も日常英会話から資格試験対策まで様々です。

展開エリア 関東・東海・関西・九州(福岡県内のみ・7校)
レッスン形式 マンツーマンまたはグループ
入学金(税込) 22,000円
レッスン料金(例)
  • (マンツーマン)40分月4回 税込29,150円
  • (グループ)50分週1回 税込15,950円
コース ビジネス英語・日常英会話・資格試験対策・旅行英会話・文法強化・留学前コースなど
その他料金 教材費(値段は受講コースにより異なる)・システム管理費 月額税込1,650円
公式サイトはこちら

ECC外語学院

ECC外語学院

・画像引用:ECC外語学院 HP

『ECC外語学院』では日常会話から日本語講師養成講座まで多彩なコースが用意されています。マンツーマンレッスンも選択できますが、基本的にはクラス制によるグループレッスンが中心です。「友達を作りながら和気あいあいと学びたい」という人におすすめのスクールと言えます。

年に3回定期的にカウンセリングがあり、目的や英語レベルに合わせて最適なコースを見直すことも可能です。

展開エリア 北東(福島県のみ)・関東・東海・関西・中国・九州
レッスン形式 マンツーマンまたはグループ
入学金(税込) 22,000円
レッスン料金(例)
  • マンツーマンレッスン:80分週1回 税込17,050円
  • 初級者向け日常英会話コース「ENVISION」(グループレッスン)週1回100分 税込16,300円~24,450円
  • フリータイムレッスン(グループレッスン):1回40分自由予約制 2,444円~3,260円(1回あたり)
コース 日常英会話・ビジネス英会話・資格試験対策・日本語講師養成など
その他料金 教材費(値段は受講コースにより異なる)
公式サイトはこちら

イーオン

英会話教室・スクール-AEON-イーオン

・画像引用:イーオン HP

老舗の英会話スクールとして有名な『イーオン』は、2020年のオリコン顧客満足度調査で「授業の受けやすさ」「サポート体制」など計6項目で第1位を獲得しています。日本人の弱点に合わせた独自の教授メソッドを持つほか、自宅学習に使えるコンテンツを配信しています。

日本人講師と外国人講師の両方が在籍しているので、慣れないうちは日本人講師と日本語の補助を交えながらレッスンするのもおすすめです。また、担任制を採用しており、毎回同じ講師からレッスンを受けられます。

展開エリア 北海道から沖縄まで全国
レッスン形式 グループレッスン・少人数レッスン・マンツーマンレッスン
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • はじめての日常英会話コース:グループレッスン:週1回50分12ヵ月 税込153,450円
  • ビジネス英会話 プライベートレッスン:マンツーマン 50分30回 税込339,900円
 
コース 日常会話・ビジネス・資格試験対策・留学・旅行英会話
その他料金 教材費(値段は受講コースにより異なる。目安は10,000〜20,000円程度)、システム管理費 月額税込1,650円
公式サイトはこちら

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

・画像引用:ロゼッタストーン・ラーニングセンター HP

『ロゼッタストーン・ラーニングセンター』は、世界的に有名な語学学習教材である「ロゼッタストーン」の開発元と提携している英会話スクールです。

「パワーレビューシステム」という独自の復習用システムを導入しており、なんと授業中はノートを取る必要がありません。授業中のフィードバックは全て先生がメモしてくれますので、安心して会話に専念できます。

展開エリア 北海道から沖縄まで全国
レッスン形式 マンツーマン
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • 日常英会話 短期集中プラン(例)40分・受講回数32回 税込186,560円
  • 目的別レギュラープラン・ビジネス英語(例)40分・受講回数40回 税込257,400円
 
コース 日常会話・ビジネス・資格試験対策・留学準備・旅行英会話
その他料金 教材費(受講プランにより異なる)
公式サイトはこちら

ミライズ英会話

MeRISE(ミライズ)英会話

・画像引用:ミライズ英会話 HP

『ミライズ英会話』最大の特徴は講師育成への熱意です。なんと講師全員が3年以上の実務経験と英語教授法の国際資格の保有者です。マンツーマンのレッスンにしては低価格なことも大きな強みと言えます。初心者のための「基礎英語力完成コース」が用意されているのも嬉しいポイントです。

展開エリア 東京都内・横浜
レッスン形式 マンツーマン
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • 月額プラン(月4回)税込27,500円
  • 一括払い(6ヶ月)プラン レッスン回数25回 税込165,000円
  • 一括払い(12ヶ月)プラン レッスン回数50回 税込297,000円
 
コース 基礎英語力完成コース・日常英会話・ビジネス英語
その他料金 教材費(税込5,500円〜)
公式サイトはこちら

ベルリッツ

ベルリッツ(Berlitz)

・画像引用:ベルリッツ HP

『ベルリッツ』ビジネス英語関連のコースが幅広く用意されているのが特徴です。「今は初心者でも、いずれは英語上級者として会議やプレゼンに参加したい」という方にぴったりです。講師の採用率は7%という狭き門で、講師の選抜・育成にも力を入れています。

レッスンは1回単位で受講申込ができるので、自分に合うかどうかを気軽に試せるのも魅力です。

展開エリア 関東・東海・関西・東北(宮城県のみ)・中国・九州(福岡県のみ)
レッスン形式 マンツーマンまたは少人数
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • マンツーマンレッスン 1回40分6,000円台〜8,000円台
  • 少人数レッスン 1回40分3,000円台〜
 
コース ビジネス・日常会話・資格試験対策・語学留学・ディスカッションなど
その他料金 学・ディスカッションなど その他料金:
公式サイトはこちら

イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニー、ENGLISH-COMPANY

・画像引用:イングリッシュカンパニー HP

『イングリッシュカンパニー』は生徒ひとりひとりにパーソナルトレーナーがつく、いわゆる「コーチング型」の英会話スクールです。受講生の課題を発見したり、学習プランを提案したりと様々なサポートをしてくれます。また、コースがレベル別になっている点も特徴です。

第二言語習得に関する科学的な研究に基づいたメソッドを用いているため、「なぜできないか」「どうすればできるか」を的確にアドバイスしてくれ、継続をサポートしてくれます。初心者専用のコースもあり、英語が苦手な人も安心して学ぶことができます。

展開エリア 東京都内・横浜・関西
レッスン形式 グループまたはマンツーマン
入学金(税込) 22,000円(「全レベル対応コース」を受講する場合は55,000円)
レッスン料金(例)
  • 初心者向けコース(グループレッスン) 1回75分週2回(2ヶ月) 税込181,500円
  • 全レベル対応コース(マンツーマン) 1回45分48回(3ヶ月) 税込544,500円
 
コース 全レベル対応・初心者向け・中級者向け・上級者向け
その他料金 教材費(受講者のレベル・コースにより異なる)
公式サイトはこちら

リンゲージ

リンゲージ

・画像引用:リンゲージ HP

『リンゲージ』では生徒の約8割が初心者で、講師側も初心者に対する教え方を熟知しています。レッスン以外にも講師とフリートークが楽しめる場が用意されているので、レッスンで覚えた表現を実践練習することもできます

入会金不要、完全月謝制とわかりやすい料金体系が最大の魅力ですが、通学する曜日や時間帯によって金額が異なります。事前に確認しておきましょう。

展開エリア 関東・東海・関西
レッスン形式 グループまたはマンツーマン
入学金(税込) なし
レッスン料金(例)
  • グループレッスン 週1回40分 月額税込6,380円から
  • マンツーマンレッスン 週1回40分 月額税込47,520円から
 
コース 英会話初級者コース・日常会話・ビジネス英会話・高校生英会話など
その他料金 教材費(年間税込33,000円)
公式サイトはこちら

イングリッシュビレッジ

イングリッシュビレッジ

・画像引用:イングリッシュビレッジ HP

「とにかくコストを抑えたい」という場合におすすめなのが『イングリッシュビレッジ』です。40分のマンツーマンレッスンが1回あたり2,000円台から受講可能なうえ、時間帯や担当のネイティブ講師を自由に指定できる自由度の高さが魅力です。

教材費も必要ありませんが、教材が明確に決まっているわけではないので、「自分は何を学びたいか」が明確に定まっている人におすすめです。

展開エリア 東京都内・横浜
レッスン形式 マンツーマン
入学金(税込) 34,100円
レッスン料金(例)
  • マンスリーチャージコース単校320分プラン(40分レッスン8回相当)月額税込18,480円
  • フリーチケットコース 単校プラン(40分レッスン10回相当)月額税込27,500円
 
コース レベル別・目的別のコース分けは存在しない
その他料金 更新料(年額税込22,000円)
公式サイトはこちら

Gaba

マンツーマン専門の英会話スクール-Gaba

・画像引用:Gaba HP

『Gaba』はマンツーマン形式に特化した英会話スクールです。ビジネス英語を学びたい初心者に人気のスクールで、講師は認定プログラムの修了義務があるなど、講師の質も良いです。授業後のフィードバックは専用のオンラインシステムに全て記録されるので、復習もしやすいスクールです。

レッスンはオンライン予約が可能で、1回ごとに日時や受講場所、講師を自由に選べる自由度も魅力の一つでしょう。

展開エリア 北海道・東北(宮城県のみ)・関東・東海(愛知県のみ)・関西・中国(広島県のみ)・九州(福岡県のみ)
レッスン形式 マンツーマン
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • 短期集中プラン ビジネスマンツーマン英会話コース(例)受講回数30 回(有効期間2ヵ月)税込221,100円
  • レギュラープラン 日常マンツーマン英会話コース (例)受講回数45 回(有効期間6ヵ月) 税込351,450円
 
コース ビジネス・日常・トラベル・シニア・短期集中など
その他料金 教材費(コース・受講プランにより異なる)
公式サイトはこちら

bわたしの英会話

b-わたしの英会話

・画像引用:bわたしの英会話

『bわたしの英会話』は「女性専用」を掲げる珍しい英会話スクールです。アルファベットや簡単なあいさつから始める「超初心者脱出プラン」を開設しており、「他の英会話スクールは難しすぎて続かない」とお悩みの方におすすめです。

また、教室の雰囲気作りにもこだわりがあり、リラックスできる香りや湿度までこだわって設定されています。

展開エリア 東京都内・横浜
レッスン形式 マンツーマン
入学金(税込) 33,000円
レッスン料金(例)
  • 「マイ・レッスン・プラン40」40分・40回(有効期限10ヶ月)税込220,000円
  • 「マイ・レッスン・プラン20」40分・20回(有効期限5ヶ月)税込153,633円
 
コース 超初心者脱出・初級者・TOEIC対策・日常会話 など
その他料金 教材費税込7,700円~22,000円、システム利用料 月額税込1,100円
公式サイトはこちら

初心者は英会話スクールを上手に利用しながら上達を目指すべし

初心者は英会話スクールを上手に利用しながら上達を目指すべし

今回の記事では、英語学習初心者の方がスクールを選ぶときのポイント、おすすめのスクールなどをご紹介しました。

英会話スクールはその魅力や強みも一つ一つ多種多様ですが、大切なことは「あなたがそのスクールに無理なく通えるか」ということに尽きます。

ライフスタイルや目標は人それぞれで、それを一番知っているのは熟練の講師でもカウンセラーでもなく、これから英語を学ぼうとしているあなたです。本記事を参考に、英語を学ぶ目的をしっかり考え、自分にぴったりの英会話スクールを探してみてください。

ENGLISH MEDIA 編集部

ENGLISH MEDIA 編集部ENGLISHMEDIA(イングリッシュメディア)編集部では、英語学習や勉強に役立つおすすめの英会話スクール情報や英会話サービス、教材、アプリ、学習ノウハウなどをご紹介しています。