ビジネス英会話スクール(英会話教室)おすすめ8選!

ビジネス英会話スクール(英会話教室)おすすめ8選!

日本語でも日常会話と仕事で使う言葉が異なるように、英語も日常会話とビジネス会話は異なります。そこで今回は、ビジネス英会話スクールを選ぶ際に見るべきポイントを、おすすめのビジネス英会話スクール8選と共にご紹介します。

ビジネス英会話とは

ビジネス英会話とは

ビジネス英会話を一言で言うと、「仕事で使うフォーマルな英語を使用した英会話」です。最近は日本企業の海外進出が増えるにつれ、仕事上で英語を使う場面も増えてきています。

英語には、日本語のような「敬語」はありませんが、カジュアルすぎると幼稚に聞こえます。失礼にならないくらいの丁寧さは必要です。

そのため、ビジネス英会話を習うのであれば、ビジネス英会話に特化したカリキュラムやビジネス経験のある講師から習うのが得策です。

それでは、ビジネス英会話(英会話教室)の選び方から見ていきましょう。

ビジネス英会話スクール(英会話教室)の選び方

ビジネス英会話スクール(英会話教室)の選び方

ビジネス英会話スクールといっても、その特徴はさまざまです。

あまり時間がない方や、急に仕事で英語を使う必要が出てきた方には短期集中型が、定期的に通いたい方には、週に数回の英会話スクールがおすすめです。自身のライフスタイルや目的を、教室選びの基準のひとつにしてみましょう。

そのうえで、英会話スクールや教室を決める際のポイントを、次の3つに絞ってご紹介します。

続けられる価格か

英会話は継続が大切です。そのため通い続けることのできる価格か確認しましょう。

英会話スクールや英会話教室では、最初の金額は安く見えても、実際に通ってみるとレッスン費以外の費用が思いのほか高かったということもあります。

そのため、レッスン費用以外に必要な金額はいくらなのか、入会金や教材費などはどうなっているのかなども確認すべきポイントです。

通学スタイルやレッスンレベルによっても価格が異なることがあるため、見積もりを出してもらって確認しましょう。

仕事で使える内容か

メール、電話対応、プレゼン、契約などさまざまなビジネスシーンがありますが、まずは、自分が仕事で使える英語を学ぶことができるか確認しましょう。

英会話スクールによっては、英会話力を底上げすることで、いかなるビジネスシーンにも対応できる英会話力をつけていく方法を取っている教室もあれば、一般的なビジネス英会話を学びつつ、シーンごとの定型的な表現を身に付けていくというカリキュラムを設けているところもあります。

大切なことは、「自分の仕事で使えるビジネス英語を身に付けることができるか」です。

せっかく通うのですから、自分の目標を達成できるレッスン内容なのか、確認しましょう。

講師や教室と相性が合うか

どんな講師が担当するのかは、英会話スクールに通ううえで最大の関心事のひとつではないでしょうか。

ネイティブ講師なのか日本人バイリンガル講師なのか、レッスンごとに講師は変わるのか担任制なのか、など、各スクールによってさまざまなので必ず確認しましょう。

また、レベルを上げてほしい、もう少し教えてほしいなど、講師に自分の要望をしっかり伝えることができるか、ということも大切です。

ネイティブ講師に英語で自分の要望を伝える自信がない方は、日本人カウンセラーが常駐しているスクールや教室を選ぶことをおすすめします。

教室の雰囲気や立地条件なども確認しておきましょう。同じ会社のスクールでも、校舎によってそのカラーや雰囲気は異なります。毎日または毎週通う教室なので、通いやすいかどうかも確認ポイントです。体験レッスンに行った際に確認しておきましょう。

短期集中で学ぶ!ビジネス英会話スクール(英会話教室)3選

短期集中で学ぶ!ビジネス英会話スクール(英会話教室)3選

時間がない方や、急いでビジネス英会話を習得したい方には、こちらの短期集中型のスクールがおすすめです。

PROGRIT

プログリット-PROGRIT-

・画像引用:PROGRIT HP

『PROGRIT』は、英会話教室ではなく「英語コーチングスクール」です。コーチングスクールには珍しく「ビジネス英会話コース」があります。

英語力向上に必要なのは「良質な自習」というコンセプトのもと、1ヶ月90時間の集中学習をし、短期間で英語力を向上させるために、専属のコンサルタントが毎日のタスクと学習スケジュールを提案します。

ビジネス英会話コースでは、ビジネス経験を有するプロフェッショナルが専属コンサルタントとなります。

一人ひとりの習得したいビジネス英語スキルに応じたトレーニングを提案し、単なる英会話の習得だけでなく、さまざまなビジネスシーンに対応できる英語力が身に付くよう、サポートしてくれます。

標準的な3ヶ月ブランは、468,000円(税抜)です。

無料体験の申し込みはこちら

ライザップ イングリッシュ

RIZAP-ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

・画像引用:ライザップ イングリッシュ HP

CMでもお馴染みのスポーツジムを展開するライザップが手掛ける『ライザップ イングリッシュ』も、短期集中型の英語コーチングスクールですが、他のスクールと異なることは、「話す」というアウトプットを中心にしたトレーニングを重視していることです。

ビジネス英会話コースはありませんが、徹底的なアウトプット型トレーニングを実施することにより、ビジネスシーンで通用する英会話力が身に付きます。

週2回(50分)の専属トレーナーによるレッスンで「英語脳」に切り替え、24時間いつでも受けることのできるネイティブ講師とのオンラインレッスンにより「話す力」を鍛えます。加えて、毎日課題も出されます。

圧倒的なアウトプット量により、グローバルなビジネスシーンにも対応できる実践的な英語力を短期間で身に付けることができます。

16回の英会話コース(受講目安:2ヶ月)なら398,000円(税抜)です。

無料体験の申し込みはこちら

イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニー、ENGLISH-COMPANY

・画像引用:イングリッシュカンパニー HP

『イングリッシュカンパニー』も短期集中型の英語コーチングスクールです。英語のパーソナルトレーナーがマンツーマンで、徹底的に英語のトレーニングを行います。

マンツーマンで指導するパーソナルトレーナーは英語の専門家で、「第二言語習得研究」をもとに、生徒の課題及び効果的なアプローチ方法を導き出す、科学的なトレーニングを実施しています。

例えば、聴き取るのが苦手な場合は、ディクテーションやオーバーラッピング、シャドーイングなど、生徒の課題を細かく分析して、最適な方法を提案してくれます。

「短期間に効率よく」を重視しているため、プロのトレーナーが提案する「最適な方法」を実行することが英語力向上の鍵となります。

こちらもビジネスコースはありませんが、生徒のつまづきや課題を適切に捉えて一人ひとりにあったレッスンを行ってくれるため、「海外業務の効率化につながった」、「仕事のメールをスムーズに書けるようになった」など、受講者からは高い評価を得ています。

全レベル対応コースは、トレーニングセッション45分間×48コマ、自宅トレーニング進捗サポート(90日間)などがついて、495,000円(3ヶ月分の金額、税別)です。

無料体験の申し込みはこちら

大手で学ぶ!ビジネス英会話スクール(英会話教室)5選

大手で学ぶ!ビジネス英会話スクール(英会話教室)5選

大手の英会話スクールは全国展開しているところがほとんどなので、どこに住んでいても通える校舎を見つけやすいのがメリットです。

ベルリッツ

ベルリッツ(Berlitz)

・画像引用:ベルリッツ HP

ビジネス英会話に力を入れているのが『ベルリッツ』です。

ビジネス英会話コースには、初級、中級、上級のレベル別コースがあり、受講者の語学力に合わせて対応してくれます。

ベルリッツの講師陣はビジネス経験豊富なので、リアルなビジネス英会話を学ぶことができます。さらに、講師が、受講者の仕事相手を演じるロールプレイを通して、実践的なスキルが学べるだけでなく、ジェスチャーなどの所作も学ぶことができます。

レッスンはカスタマイズ可能なので、仕事で使う資料や、プレゼン練習、メールの添削など、仕事の資料を持ち込んでのレッスンも可能です。

レッスンはマンツーマンと少人数(2~3名)のグループレッスンから選択できます。マンツーマンレッスン(40分)は、6,000円~8,000円台(税抜)、グループレッスン(40分)は、3,000円台(税抜)です。

無料体験の申し込みはこちら

シェーン英会話

シェーン英会話

・画像引用:シェーン英会話 HP

イギリス英語が学べる『シェーン英会話』のビジネス英語コースは、初級~上級まで5段階にレベル分けされています。

レッスンはマンツーマンレッスンのみで、担任制を取っているので、講師は生徒の能力を理解したうえで最適なレッスンをしてくれます。

加えて、予習・復習ができるオンライン教材も使うことができます。毎週決められたテーマに沿って単語を覚えたり、文法を確認することができるので、レッスンで学んだ内容の定着にも役立ちます。

レッスン料金は月謝制と回数制から選択できます。月謝制であれば、月4回40分のレッスンが29,150円(税込)で、回数制であれば40分のレッスンが20回で143,000円(税込)です。

毎回同じ曜日と時間で学びたいのであれば月謝制を、短期集中で学びたい場合は回数制をおすすめします。

無料体験の申し込みはこちら

Gaba

マンツーマン専門の英会話スクール-Gaba

・画像引用:Gaba HP

『Gaba』はマンツーマン専門の英会話教室です。マンツーマンなので、レッスン内容は自由にカスタマイズ可能です。 教室は7時~22時頃まで開講しており、毎回日時と講師を選択できる自由予約制を採用しているため、忙しい社会人でも続けやすいです。

また、建築関連、IT関連など、さまざまなビジネスバックグラウンドをもつ講師が在籍しており、出身や経歴で講師を検索して予約できるので、生徒のニーズにあった講師から学ぶことができます。

『myGaba』という、自主学習用のオンラインコンテンツも充実しています。ビジネススキルをテーマにしたセミナーも配信しているので、レッスンとの併用で、実践的な英会話を効率よく身に付けることができます。

ビジネスマンツーマン英会話コース(レギュラープラン)なら、40分のレッスンが45回で351,450円(税込)です。

無料体験の申し込みはこちら

ECC外語学院

ECC外語学院

・画像引用:ECC外語学院 HP

『ECC外語学院』は、全国に約170校展開する大手英会話教室です。

ビジネス英会話コースでは、ミーティングやプレゼンなど、さまざまなビジネスシーンにおける『パターンプラクティス』を重視しています。

ロールプレイを通して実践的な英語力を鍛えることができるため、ビジネスで通用する、品がありかつ正しい会話力が身に付きます。

レッスンは1回80分と、他の英会話教室に比べると長めなので、たっぷり練習できます。加えて、クラスは担任制を取っており、担任の外国人講師が生徒のレベルを把握しているため、一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれます。

授業料はポイント制です。週1回(80分)で、1ヶ月当たりの授業料目安は21,080円(税込)です。

3ヶ月間の集中コースもあり、こちらは外国人講師とバイリンガル講師のダブルサポート体制です。「基本」→「定着」→「実戦」のスキームを回して、「聞く、話す、書く、読む」の4技能をバランスよく伸ばします。

土日なら週1回4時間で、平日なら週2回2時間ずつのコースです。1ターム(10回)は、195,600円(税込)です。

無料体験の申し込みはこちら

イーオン

英会話教室・スクール-AEON-イーオン

・画像引用:イーオン HP

『イーオン』も、全国に250校以上展開する大手英会話教室です。2019年、2020年と2年連続で英会話スクールのオリコン顧客満足度1位を獲得しているほど、受講者からの満足度も高いため、安心して通うことができますよ。

ビジネス英語で大切なのは、「正確さ」「語彙力」「ビジネスマナー」ということで、きちんとしたビジネス英語を身に付けるべく担任講師が目標達成まで責任を持ってサポートしてくれます。

扱うテーマも、ニュース、新聞、雑誌など多彩です。それぞれのシーンに適した表現を学ぶことができます。

レッスンは、マンツーマンとグループ(1~8名)レッスンから選択できます。最大8名の実践ビジネス英会話コースなら、週1回(50分)で、1ヶ月当たり11,625円です。

校舎によって開講コースや料金が異なることもあるため、体験レッスンで確認することをおすすめします。

無料体験の申し込みはこちら

まずはビジネス英会話スクール(英会話教室)の無料体験レッスンで比較しよう!

まずはビジネス英会話スクール(英会話教室)の無料体験レッスンで比較しよう!

それぞれの英会話スクールの特徴はさまざまですね。今回ご紹介したすべての英会話スクールでは無料体験を行っているので、気になるスクールがあれば、まずは体験レッスンを受けてみましょう。

価格やカリキュラムなど、自分の目的やライフスタイルにあったスクールを探してくださいね。

ENGLISH MEDIA 編集部

ENGLISH MEDIA 編集部ENGLISHMEDIA(イングリッシュメディア)編集部では、英語学習や勉強に役立つおすすめの英会話スクール情報や英会話サービス、教材、アプリ、学習ノウハウなどをご紹介しています。